こんばんは、2017年12月31日(日曜←うお、31日で日曜とかキリ良すぎ今気がついたw)21:40、北九州市は若松区の実家おこたからまったりと更新しております、福岡でコピー書いたり企画書書いたりホームページ作ったりしてます、異彩の田中です。

 

 

2017年まとめの記事は先日書きましたので(2017年の軽い振り返りとカメラレザー Craft.)、今回はただの手縫いで作ったレザークラフト自慢をしていこうと思います。ハハ、暇なんですよ、年末って案外。

 

それでは、早速。

 

 

まずは東急ハンズでレザークラフト革手縫い工具キットを購入!

 

SEIWA 東急ハンズ博多店の店長さんと少しばかし親しくなりまして、そのよしみでこんな革の手縫いキットを購入しました。

 

 

レザークラフト手縫い工具18点セット。これあれば大抵の製品揃います。

年明けにレザークラフトの工具について素人のボクなりにまとめていきたいと思いますので是非お楽しみに。

 

ってかこれネットで買ってもお店で買っても値段変わらんやん?笑

だったら断然店舗での購入がおすすめです。

 

 

理由は店員さんから革や金具に関する手ほどきを受けられるから。

こちらの手縫いキットを購入した SEIWA東急ハンズ博多店の店長さんには本当に色々とお世話になっております。

リンクも貼っちゃう。

 

 

SEIWA博多店|Facebookページ

https://www.facebook.com/hakata.seiwa.jp/

 

 

レザーのことはもちろん、金具のコト、その他革の仕入れについてなどもとても好意的に教えていただいております。

本当にありがとうございます^^  今後もよろしくお願いします 笑

 

というわけで福岡にお住まいの方は是非是非、東急ハンズ博多店4階のSEIWAにてお買い求めください。

商品だけでなく、レザークラフト工具の使い方から革小物の作り方、革の染め方など色々と親切丁寧に教えていただけるはずです。

 

 

はじめてつくった嫁さん用レザーキーストラップ

 

 

 

いちばんはじめにつくったレザーアイテムはレザーキーストラップ。

自分のキーケースが欲しかったんですが、さすがにしょっぱなからキーケースは難しいかなと思ってこれにしました。

 

製作時間は実に10分ほど。写真みてお分かりいただけるようにとってもカンタンな仕様にしています。

 

シンプルなベージュの牛ヌメ革に何色と言い表していいやら、ねずみ色?に近いステッチ(糸の縫い目)で仕上げます。

革の色、種類とステッチの色は嫁さんオーダー。割りと満足してもらえてるみたいです。

 

 

自分用の手帳カバーを馬革で手縫い

 

レザー手帳カバー

 

 

ブックマークも革紐にしました。

中身のダイアリーだけ市販のもの(A5 マンスリーダイアリー 800円くらい)にして、それに自作の手帳カバーをかぶせた感じです。

 

手前ミソですが相当気に入っています 笑

 

 

Craft.レザーワークショップでもつくったカメラストラップ

 

 

 

2017年11月に同世代の革職人さんと立ち上げたカメラレザーブランド Craft.。

Craft.主催のワークショップでもつくったものですが、どうしても手縫いでカメラストラップを作りたくて作っちゃいました。

 

ワークショップの準備で何度か試作したので比較的スムーズに作れました。

一時間かかっていません。手縫いがいちばん時間かかったかなあ。

嫁さんと娘(2歳5ヶ月)がたまに使うミラーレス一眼レフカメラPENTAXQ10用に作りました。

 

うん、ダークブラウンのレザーと白のステッチがいい感じ。

 

カメラレザー Craft.:http://craft-pl.com

 

自分用カメラキーストラップ

 

 

嫁さんのキーストラップ作ったのに勝手に自分で触発されて、自分用のキーストラップも作りました。

 

嫁さんのストラップ作ったときよりも革の在庫が増えていたのでちょっと遊び心も入れてステッチは全面に入れていません。

 

ベリーと呼ばれる、牛革のお腹側の隅っこの部分をそのまま活かして(活かしたつもり)その面はナチュラルにしました。

ケバケバしているのが革の端っこも端っこの部分、裁断されていない、牛の個体ごとによって変わる部位でもあります。

 

うーん、こういう個体ごとによって変わる模様だったりヘリの形だったりもたまりませんな。

 

 

レザークラフト工具用の各種レザーケース

 

 

 

 

安く仕入れられる革のハギレ部分や製作の過程で出た端材を使って、レザークラフト工具のレザーケースを作りました。

これたぶんってか絶対、レザークラフトやってる人あるあるだと思います。

 

せっかく凝って革製品作るのに、それを作り出す工具をバリバリのアクリル容器とかに入れるのってちょっと…みたいな感覚。

 

作ったのは下記のとおりです。

 

■針入れ ■革専用の工具入れ ■ハサミカバー ■ステンレス定規入れ ■銀ペン(革専用のペン)入れ ■筆入れ

 

今後も工具揃えれば揃えるほど、そのケースを革で作るんだろうなあと思ってます。

こういうの作れるようになると、ちょっとした日用品も革で作れるようになるのでいいですね^^

 

 

来年つくりたいもの、将来作りたいもの

 

来年、フルレザーのカメラストラップ、革長財布、レザートートバッグの3つは作りたいなと思っています。

趣味の範疇ではなく、しっかり商品としても出せるレベルじゃね?ってくらいのやつ。

 

 

あと、まだずいぶん先になりますけど、娘の小学校入学までに(あと5年!)手製でランドセル作りたいなとも思っています。

ランドセルもレザーですもんね。コードバンとか使ってるところもあるみたいですし、なんとか安く仕入れられんものか…笑

 

 

2017年も末からレザークラフトにドハマりました田中ですが、ちゃんとこれもCraft.その他諸々を通じて事業化します。

自分が好きなもの、夢中になれるものをちゃんと商売に乗せる。

 

うちのじいちゃんの職人の血(長い間靴屋さんやってたらしい)に過信せず、たくさん作って腕を磨いていきたいなと思います。

 

なにか作って欲しい人いましたらお気軽にお問い合わせくださいね 笑

 

「◯◯つくって!」みたいな感じでメールくださいまし^^

↓ 異彩 メールアドレス ↓

info@is-ai.com

 

(文字数:2,500文字、執筆時間:25分)

この記事をSNSで共有